TOP

自立した大人の男性とは

地に足をしっかりとつけ、一人で立っている、つまり社会で自立している大人の男性は、
いつでも自分を「客観視」できる人だと思います。良い事も悪い事も、一歩引いて自分を客観視するということはなかなかできるこではありません。でも、それが出来る人は、常に冷静な判断ができ、周りとの信頼関係も築き易いと思うのです。
自分自身を冷静に判断できるのだから、周りの事も冷静且つ、正確に判断でき、人が集まってくるのだと思います。
人は周りとの「関係」の中でしか生きられません。そこを大切に考えられる人こそ、理想の大人だと思います。

例えば、今自分のま周りで発生している問題が、「自分は悪くない、周りが・・・」と考えている人は、その問題を回避することはできません。
「自分の周りで起きている問題は自分に問題がある。だから自分で回避できる。」と考えられる人は、
その問題を解決することができるのです。この違いは、人としての成長も差が出てきます。自分を客観視できる人間になるため、
理想の大人の男性になるため、日々訓練を続けられれば、人は変われると思うのです。

.

最終更新日:2014-11-19 18:16

コメント (0)